投稿

2月 21, 2018の投稿を表示しています

映画・ベルリンファイル

こんにちは。
最近、体が硬くなってきています。
毎日のストレッチをと思いながら・・・

「ベルリンファイル」
2013年
 巨大な国際的陰謀が隠された運命の都市ベルリン。ベルリンに常住する韓国国家情報院のチョン・ジンスは、不法武器取引先を監視中、国籍不明で指紋さえ検出されない、通称 "ゴースト"と呼ばれている秘密要員ピョ・ジョンソンの存在を知ることになる。
 彼の正体を明らかにするため後を追っていたチョン・ジンスは、その背後に隠された巨大な国際的陰謀を知ることになり、大変な危機におちいる。一方、ピョ・ジョンソンを殺し、ベルリンを掌握するために派遣されたドン・ミョンスは、彼の妻ヨン・ジョンヒを二重スパイの疑いをかける。
 これを口実に彼女を殺し、ピョ・ジョンソンを陥れようと考えていた。ピョ・ジョンソンはドン・ミョンスの脅迫をうけながら妻の無罪を証明するため尾行を行う。そして、予想もしなかった妻の秘密を知ることになるのだった。Amazonより

 韓国映画です。
 テンポよく物語は進んでいくのですが、韓国の俳優さん、どー見ても、ウッチャンとナンチャンを足したような方がいたり、芸人のなすびそっくりな方だったりとちょっとニヤニヤしてしまいます。(すいません)
 ハッピーエンドで終わるのかと思ったのですが!
 続編はあるのかな?ちょっともやもやした形で終わってしまいました。
 続編を探してみようと思います。

映画・オートマタ

こんにちは。
暖かい気がする日が続きますが、まだ、寒い日が来るのかな?
もうそろそろ梅が咲いても良いのでは?

「オートマタ」
人間と、彼らを守る二つのルールが組み込まれた人工知能(A.I.)搭載のオートマタが共存する社会。オートマタは砂漠化を防ぐための巨大防御壁の建設や、機械式の雲を作るため、人間に代わる労働力として、必要不可欠となっていた。そんな中、この絶対破ってはいけないルールが破られた。オートマタが改造されたのだ。混沌とした世の中で、ロボットの心が覚醒し、その一方で人間のモラルが崩壊していく。人間とロボット、それぞれの視点での終わりと始まり・・・。未来はどこにいくのか?Amazonより

2016年の作品。
冒頭、ブレードランナーへのオマージュでしょうか?そんな始まり方、そしてSF作品ということで、軽い感じの物語と思い見始めました。しかし、物語が進むにつれてかなり深い内容が分かってきました。いや、深い。人が進化するならば、ロボットも進化する。自然発生的に進化するのはあたり前ではないか?そんな物語の中だからこそ、人間のエゴも見えてきます。いろいろ考えさせられる物語です。