年金問題の記事を読んで

 朝晩が涼しすぎるくらい。
 寝る時は窓を開け、冷たい空気の中、毛布にくるまって寝るのがやめられません(^^;

 今日の(7/9)中国新聞の記事の社説を読んで

 年金問題が取りざたされています。
 試算モデルは、夫婦2人で満額の国民年金と厚生年金の合算。
 支給金額は 月に 210,0000円。それでも毎月 5万5千円の赤字なそうな。
 年間に換算すると

 55,000円 x 12ヶ月 = 660,000円

 これだけ不足するらしい。
 そして、30年生活したとして

 660,000円 x 30年 = 19,800,000円 が必要となる

 さて、国民年金だけの方はどうなるのか?
 もし満額支給される方でも、月に 65,000円
 なので、夫婦二人満額であれば、 月に 130,000円
 もうここで大きな差が出てくる。
 
 差額は 80,000円
 不足分は 55,000円
 
 ということは、国民年金だけで生活する方の赤字額は年間

 135,000円 x 12ヶ月 = 1,620,000円!!!

 そして、30年生活したとして

 1,620,000円 x 30年 = 48,600,000円!!!

 オドロロキの数字です!
 こんなお金を今から貯金できるはずがない!

 自分が年金をもらう頃は、満額で 65,000円も貰えるはずがないとおもっている。

 老後の安心のために年金を払おう!なんてお為ごかしはもう止めるべきでしょう。

 100年安心の年金制度らしいが、制度が100年安心であって、国民は安心ではないんです。

 政治家の皆さんは年間 2000万近くの所得があるらしく、老後も安泰なんでしょう。
 だから、国民の年金なんて本気で取り組まないんでしょうね。

 都合の悪いことは表に出さない。
 今日のハンセン病に関する訴訟も控訴しないらしいが、こんなもの参議院選挙のアピールでしかない。
 上っ面の面目だけ。
 
 政治家は本当に国民のことを考えて行動すべきでしょう!
 自分の友達、利権関係のみで行動するな!
 
 子供に優しい政策を行えば、多くの問題が解決できる。
 そう考えています。

#年金問題,#年金,#嘘ばかりの政府,#安倍政権はやめろ,#

コメント

このブログの人気の投稿

最近また、カタンが面白い!

がっかりでした。

考える190215