映画・消されたヘッドライン

 こんにちは
 寒い日が続きます。週末は、弥山に登ろうと思っています。
 その後の筋肉痛がどうなることやら・・・

 今回見た映画
 「消されたヘッドライン」
 原題は「STATE OF PLAY」
 良い邦題がなかったのかな?

 オスカー俳優ラッセル・クロウをはじめ、ベン・アフレック、レイチェル・マクアダムス、ヘレン・ミレンが出演。策略、不正、腐敗が渦巻く傑作スリラー。ワシントンDCの記者カル・マカフリー(クロウ)は新進気鋭の政治家(アフレック)のアシスタントが殺害された事件を追うことに。そして彼はアメリカの権力構造を脅かす陰謀の存在を知る。(Amazonより)

 二人の男性が殺され、翌日、ある女性の死が報じられる。
 そこから物語がどんどんと進んで行く。
 途中まで自分が考えていたことと、正反対の事実が発覚したりします。
 えー!うむむむむと思いながら見ていましたが、最後はなーんだ、やっぱりこの結末なんですね。
 人物の関係が複雑に絡んできます。
 前に見たブロークンシティよりは面白かったかな。ちょっと小太りなラッセルクロウがいいですね。

コメント